松岡あきみち
若さで24時間 豊中のために そして半世紀 社会のために ローカルマニフェストを読む

市政改革に関する活動

◎政治を身近に感じ、参加できる取り組みをします。

  • 市民広報の充実
  • 宣伝インフラ整備
  • インターンシップの導入
  • 市民委員制度の充実、など。

◎市政運営の効率化で財政再建を優先します。

  • 公金運用効率の向上
  • 公債発行を控えて支払利息の低減
  • 市保有不動産の命名権譲渡、など。

教育に関する活動

◎家庭、学校、地域の担う教育の見直しをします。

  • 子育て支援
  • 教職員の資質向上
  • 健全な青少年の育成
  • 学習指導と生活指導の充実
  • 教育財政について
  • 地域ネットワークづくり、など。

まちづくりに関する活動

◎「官から民へ」を実践し、「市民力」の向上を図ります。

  • PFI(民間資金による公共サービス提供)推進
  • NPOや自治会との協働
  • 災害や治安の対策、など。

環境に関する活動

◎環境や景観を守り、「持続可能な社会」を目指します。

  • 3R政策(※)の実践
  • 地産地消や食農教育の推進
  • ヒートアイランド対策
  • 自然環境保護、など。
  • [参考] 論文「都市と共生する農業」(2005年毎日農業記録賞地区入賞)

将来に関する活動

◎豊中が豊中らしくあるために、未来の豊中を創ります。

  • 超高齢化社会をひかえた市政運営
  • バリアフリー化の推進
  • 子育てしやすいまちづくり、など。